トップIDマガジンIDマガジン記事[062-02]【連載】ヒゲ講師のID活動日誌(58) これってちょっとおねだりし過ぎじゃないの?

[062-02]【連載】ヒゲ講師のID活動日誌(58) これってちょっとおねだりし過ぎじゃないの?

ライゲルースが再来日する。8月18日にICOMEの基調講演者としてお呼びしたためである。せっかくだから、ここでもあそこでも登壇をお願いしたい、ということで欲張りすぎじゃないのと思ったけど、頼んでみた。
8月16日10-12セミナー@ICU(Insung Jung教授が招へい)
8月18日ICOME基調講演@京都外国語大学(http://icome2016.iwd.jp/)
8月20日GSIS同窓会主催学ばナイトゲスト@京都大学
8月24日第28回熊本大学eラーニング連続セミナー講師
8月26日JSISHセミナー講師@東京(場所未定)

「オーケー、全部やるよ」と快く返事をもらった。嬉しい限りである。ライゲルース先生は今回二度目の来日。前回は東北大震災の後だったので原発の影響を心配して「東京には行きたくない」ということで、大阪だけで短期間の滞在だった。今回は、奥様も同行され、広島訪問も希望とのことで、ぜひ熊本にも来てください、ということで話を進めていた。でもどうせ京都にいらっしゃるならば、どうせ東京に戻ってくるならば帰国直後に、ということで「おねだり」が増えていったわけである。

せっかくのチャンスですから、皆さま、どこかに参加して、是非「なまライゲルース」に会ってお話ししてくださいませ。こんなに熱心なID研究者・実践者がたくさんいるのならば、また来てもいいよ、とおっしゃってくれるかもしれません。インディアナ大学を定年退官された直後で、少し時間的余裕ができたのでしょう。今回はゆっくりした訪問が実現しました。結果的にあまりゆっくりしてもらえなくなりそうですが、充実した日々を過ごしてもらいたいと願っています。

出版されるはずでなかったGB4の話も聞けるかもしれません(もう脱稿したと聞いて驚いてます! 三部作っておっしゃってましたよね!)。

参考文献:ライゲルース・カー=シェルマン(編著)、鈴木克明・林雄介(監訳)(2016)『インストラクショナルデザインの理論とモデルー共通知識基盤の構築に向けてー』.北大路書房

(ひげ講師記す)

カテゴリー

IDマガジン購読

定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。

IDマガジンに関するお問い合わせは、id_magazineあっとmls.gsis.kumamoto-u.ac.jpにお願いします。(あっとは@に置換)

リンクリスト

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

このページの
先頭へ